第120回放送分 小野泰三SP! &情熱マリ子が門司港に9/22~23に舞い降りエンジェルSP!

[`livedoor` not found]
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

反映されない問題が発生し

記事を全部削除していまい途方にくれております。

 

からの思い出し思い出し書いた記事やリンクたちです。


小野泰三SP!

 

ちなみに第108回放送分冒頭にささげたお祝い漫談の当事者でございます。

ちなみに

ちなみに恥ずかしながら

OTTM氏の結婚に捧げたお祝い漫談も2本あります。

【特別編】2014.4.25 親友へ捧げる友人代表スピーチ第二弾@ライブハウスCB

【特別編】親友へ贈るボケだらけの結婚披露宴スピーチ


 

※再生プレーヤーは記事の一番下にあります。

ふつおた!、コーナーのメール待ってます!

選択してください


――― Podcastアプリにて再生中リスナー様へのお知らせです。―――
紹介したPodcastや曲など各リンク、youtube等は
オルネポ!Podcast!ページの当ブログ記事からご覧になれます。
おメールはオルネポ!Podcast!ページメールフォームより送信頂くか
オルネポ!LINE@ : http://line.me/ti/p/@okf4200l
または momoyanoossan@orunepo.comまでよろしくお願い致します。

以下、

NEW TOWN REVUEさんのページを丸写ししております。

 

15年台を代表するハジけるポップソング!1stシングル「さよならサンセット」ついにリリース!

星野みちるへの楽曲提供で人々のしるところとなった謎のユニット・NEW TOWN REVUE。彼らがライブ会場限定でリリースしていた1stシングルがお問合せ多数により、ついに11月3日にリリースされることとなりました!作詞作曲はヒプストンフレンズなどの活動で数々の名曲を残す

小野泰三氏!編曲はLinQ関連作品でも有名なSHiNTA氏!

さらにカップリングには知る人ぞ知る!アイドルブームの中、インスタントシトロン・オリジナルメンバーの手によってキャンペーンソングとして、ひっそりとリリースされたノーザンソウルポップス「レッツゴーメイジイサン」のアナザーバージョンが収録!
PARKS RECORDSの店頭とWEBにて限定生産200枚!さらに、お取扱ってくださる店舗さまも募集中です!


https://soundcloud.com/cityfukuoka/new-town-revue-loves

#Repost @moneynomura with @repostapp. ・・・ ぶっつけ本番でよくがんばりました◎ #えりかとあすか #さよならサンセット

ドリンクバー凡人会議さん(@bonjinkaigi)が投稿した写真 –

↑「えりかとあすか」の2人。

こんな可愛い子たちが歌っております。

 

小野泰三氏出演のライブが11/23(月)の祝日にあります。

日時 // 2015年11月23日(月祝)19時 OPEN ~ 19時30分START

場所 // アトリエてらた

入場料 // 1500円 +1ドリンク

出演 // カンバス、小野泰三

【ご予約方法】

メール予約: mail@parks-records.com

電話予約: 092-406-9996(PARKS RECORD)

店頭予約: 大濠公園 PARKS RECORD

— イベントを楽しむためのカ・イ・セ・ツ —
新世代のバンド、ミュージシャンの登場によって近頃かまびすしいシティポップ界隈ですが、もちろん音楽都市福岡でも10年代を迎えようとする頃から、その火種となるようなバンド・ミュージシャンが多数活動していました。
そういったシティポップ界隈のミュージシャン含め、福岡という都市は実は、ポップス・マエストロを多数生み出してきた街なのです。ビートロックやパンクだけではないぞ。古くはチューリップや大村 雅朗、杉真理、松尾清憲、などなど。その文脈上の10年代のシティポップマエストロ。それが、「カンバス」に「小野泰三」なのです。
活動歴も積み重ね、彼らの音楽性も、清新なシティポップを根っこに、奥行きと味わいを増した新しい時代のポップスを切り開くものとなっています。
そう、それが、より洗練され、熟成されつつもエッジが光る「High Modern AOR」なのです。彼らの音楽はとてつもなく優雅で、柔らかなグルーヴと、ここではないどこかに連れて行ってくれるハーモニーにあふれています。
しかし、その洗練された美意識の下には、白鳥の水かきのような泥くさくチャーミングなファンクネスも持ち合わせているのです。
それは誰もが到達できる世界ではありません。今、ポップスにおける「10秒の壁」の向こう側を垣間見せてくれる彼らのスプリントを、共に味わう幸せを噛みしめましょう。
Parks/New Town Revue 松尾モータース

 

曲 :ラケット Looks You 【B型さん

Facebookページ
Twitter
ブログ記事ではMVも観れます。
皆さん是非この曲を聴いてみてください。

 

SΛNのCueさん、 中村ピアノさん、見えないラジオのピアノマン、

なんであのとき放送局より デストロイヤーズ 等々、豪華メンバー出演!image音亀フェス 2015

[音亀フェス2015-LINK-] 出演アーティスト発表
配信開始記念生放送 日程発表 11月21日,22日の2日間に分けて世界最速でフェスの模様を放送!
(当日は本サイトより視聴可能になります)

  Presented by 

主催:音亀-oto.game(HARU)

 

あの情熱マリ子さんが門司にやってくる&フリーライブをしてくれる情報入手しました。

皆さん、門司でお待ちしております!

ワタクシは23日(月曜祝日)に行こうと思っております!

情熱

2015年11月20日(金)〜11月23日(月・祝)の4日間のうち

情熱マリ子 フリーライブ2015/11/22~23 FOOD NATIONS〜肉フェス 門司港 2015〜

に福岡県北九州市・門司港にて開催が決定している「Food Nations〜肉フェス 門司港 2015〜」。地方開催としては、新潟・三重・鳥取に続いて4度目の開催!この度肉料理、ドリンク、スイーツの出店店舗が決定。毎回、肉フェス会場で長蛇の行列ができるほど人気の「門崎熟成肉 格之進」や、同じく肉フェススター店舗の「肉の匠 将泰庵」、地元・福岡から「天神ホルモン」などが出店。これまでの肉フェスで多くの人の舌を唸らせてきた店舗から全国各地の人気店が一堂に集まりバラエティーに富んだラインナップ!

開催日    2015年11月20日(金)〜11月23日(月・祝)の4日間
【情熱マリ子フリーライブ:2015年11月22日(日)  / 2015年11月23日(月祝)】
会場     門司港レトロ中央広場・親水広場  (福岡県北九州市門司区東港町)
■22日:13:00~と17:00~、23日:12:00~と16:00~出演予定です。

■入場料無料!(食券・電子マネー利用可能 ※食券は 1 枚 700 円(税込))

アクセス&MAP

▼電車をご利用の場合
JR門司港駅より徒歩4分
▼バスをご利用の場合
西鉄バス バス停「レトロ三橋通り」より徒歩約6分
▼トロッコ列車をご利用の場合
トロッコ電車「出光美術館前駅」下車すぐ
※ご来場の際は電車・バスなど、公共交通機関をご利用ください。

曲:さよならサンセット / NEW TOWN REVUE loves えりかとあすか


曲:ハニワシステム


P! J! T! S!? のコーナー!

【Podcast!自せん!他せん!知りましぇん!?のコーナー!】

川崎家狼の家狼×黄色=幸福
川崎家狼
ラジオ組体操
ラジオ組体操
※過去回にてリスナー様よりメールにて紹介させて頂いたPodcastはオルネポ!総合ページ内P!J!T!S!?のコーナー!【Podcast!自せん!他せん!知りましぇん!?のコーナー!】にて放送回ごとにまとめてあります。
よろしければご覧くださいませ。
※ ワタクシ個人で紹介させて頂いたPodcastはオルネポ!総合ページ内のpodcast購読中からどうぞ。

妄想ラジオの詳細はこちら!

↑クリックジョニー↑

妄ラジ


【オルネポ!エンディングテーマ】

遂に発売となった
我らのBUDDYのセカンドアルバム
buddy2nd
「残響ルーティーン」
を記念して

「言わなくちゃ」

をお送りしております。そんなナイスなニューアルバムの購入方法は
ライブ会場での物販でゲットするか
BUDDYホームページ
メールフォームより郵送依頼をすればお手元に届きます!
ホームページでライブスケジュールを確認して
是非ライブを観てアルバム買っちゃってください!

BUDDY LINEスタンプ 絶賛発売中!博多弁ファン必須!?BUDDYスタンプ

BUDDYフェイスブックページ


オールデイズだネッポン!公式Twitter
https://twitter.com/addnp

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※BGMの一部は0039.comさんより提供頂いております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ライブハウスCB ←ホームページ