Go to...

「もも屋のおっさん。」 ― 「もも屋」=おっさん。ジョニー

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

そういえばお久しぶりブリーフ!
コーヒーにクリープ。この瞬間にクリープ by沢田研二


ビアンコネロとアイドルのコラボとかおもろすぎるやないかい!

 


 

先ほど、しげもも最新回あがりました。

配信版を聴き終わりましたのですが、このドキドキハラハラ感が伝わるだろうか?

imageそれもこれも含めて楽しんでいただければ

幸いでございます。


現在、活動休止中のシンガーソングライター的なやつである実妹であるHanaeが10年前くらいに宅録した音源をYouTube版で公開していたので一応貼り付けときます。


 

本題ですが、

たて続けにNヤンとPスケ氏の2番組Podcastが休止となったんですが

物理的に無理とか精神的に無理とか体力的とか色々な事でPodcastは止まるですよ。

まだまだ3年ちょっとのPodcastリスナー歴ですが、どんどん出てくるし新番組と並行してこのような休止や終了もあるんです。

これが醍醐味かもしれないっすけどねー。

俺だって例外なく降りかかる事でもあるし全てを受け入れてやってくしかないけど

覚悟するときがやって来るかもしれないなんて回路もうっすら用意しとかないかんめーとかヨギルときもある。

名前が「もも屋のおっさん。」なだけに、もも屋が無くなることになれば「元もも屋のおっさん。」とか「前もも屋のおっさん。」とか「おっさん。ジョニー」とか「ジョニー付けがちおっさん。」くらいのマイナーチェンジは必要かなんて想像する。

ぶっちゃけ、例年11月は苦戦するんだが今年は平日と週末が別の店かのように賑わいのギャップがありすぎる。

平日は平和なのです。

平和すぎてそんな感じの世にも恐ろしいい妄想がリアルに感じたりという次第だ。

収録環境がというか収録場所がもも屋なだけに失うと何かと不便やなーと客観的にそれでいて他人事に感じるのです。

BGM無し録音で喋りだけ録る配信になることウケアイだ。

この先どうなるのかは投げたボールに聞いてくれ級の事。

この先の展開を楽しみにしつつ日々過ごし勤労するんですばい。

死ぬまで生きれるくらいにやれるうちはやるの繰り返しで毎日をでございます。

Podcastのない生活は考えられないし

もしも、自分がPodcastやってなかったら、どこかしら確実にぶっ壊れてる気もする。

まー、何かとミラクルに上手くいってる方だと思うのでスターならではの運の良さを今後も引き当て続ける生涯になるだろうしワクワクジョニーでございます。

 

さ、明日は休み。

飲みましょうよ。

そんな予定もあったりですばい。

 

チャンチャン。

About momoyanoossan

「もも屋のおっさん。」でございます。 チャームポイントは 「屋」が漢字表記である事と 最後に「。」がつく事と Podcast名が 「もも屋のおっさん。のオールデイズだネッポン!」という 早口言葉に適したネーミングである事と 略して「オルネポ!」にした 強引感である。 初老の極み1972世代。